« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月23日 (日)

次に向けての始動

今年の能関係の予定はひと通り終わりましたが、お話しをいただいていた来年の3月の会について、もうそろそろ番組出る頃だなーと思って先週ちょっと検索してみましたら、もう情報が出ていました。

そこでまず、それぞれの曲を確認しておきましたが、実際の稽古は今日開始しました。

「俊成忠度」と「絃上」の2曲(いずれも舞囃子)ですが、俊成忠度の方は、あまり馴染みが無いのと、喜多流だと、観世流との違いがそこそこあるので、要注意だなーと思っています。

また、五級の修羅物だけあって(?)か、「経政」と同じく、拍子当りがちょっと難しい曲なので、最初の1~2回は、あれ?と引っ掛かるところがありましたが、今日のうちに、引っ掛からないまでには出来るようになりました。

ところで、この頃は、とある事情により、西洋音楽を聴く機会がぐんと増えて、夜寝るときにもクラシックを掛けるほどになってますが、そのせいか、今日、謡ってみたら、なんだかちょっと新鮮な気分で出来ました。

案外と良いリズムで出来ているのかも、と微かな手応えを感じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

とりあえず継続

おきな会での囃子5番が無事終了。

割りにざっくり覚えて臨んだ割には、大きく間違うこともなく、出来ました。また、5番も打った割に、手も無事だったので、全体的にも良い準備ができたと思って、一定の満足感も得られました。

あとでいろんな人から、どうして5番もちゃんとできるんですか?と聞かれたので、「謡や唱歌で覚えているから、大きな間違いをしようがないんです。そもそも、稽古のときでもいつも謡わされてましたし、舞モノでも唱歌を謡えないと手組みを教えてもらえませんでしたから。」と答えましたら、そういう稽古をしていることに驚かれました。

来年はとりあえず、仕舞で出させていただくこととして、大鼓については、もしも囃子で大鼓の割り当てが余るようだったら、割り当ててください、ということにさせていただきました。

仕舞は「天鼓」でお願いしておきました。そこそこ見栄えもするし、おきな会で最初に打った囃子が「天鼓」だったこともあって、ちょっとした思い出の曲なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »