« ちょっと気分転換 | トップページ | ハマったかも »

2010年1月24日 (日)

指皮の作成方法(改訂版)

作らねば、と思っていた指皮、作りました。

前回作った指皮が、なんとまぁ、打っている途中で縦に裂けて壊れてしまったのと、やっぱりもっと音を安定させたいということで、前回より少し厚手のを作りました。

備忘録という意味も兼ねて、作り方を書いておきます。

  1. 使用する紙の量は、横30cm×縦24cmの和紙2枚分(古い大福帳を利用)で、横30cm×6cmに4分割し、それぞれに、1枚の長さは1周半分として、3~4枚ずつ中指用と薬指用にそれぞれ割り当てる。
  2. 型はバルサ丸材(10cmにカット)をカッターナイフで削って、自分の指に合うように作成。
  3. まず型を水に濡らし、紙片も水に濡らして、1枚目を型に巻きつける。
    (貼り付け方は、1周半くらいの長さの紙片を指の腹側が2重になるようにする。重なる部分は糊を塗って剥がれないようにする。)
  4. 巻きつけた紙片の表面に糊をぬって、次の紙片を片面だけ水に濡らして貼り付ける。(貼り付け方は3と同じ)
  5. 貼り付けたら、未使用のバルサ丸材でしごいて馴染ませる。
  6. ストーブで乾かす。
  7. 3~6の作業を中指用と薬指用1枚毎に繰り返す。但し3は初回のみ。
  8. カッターナイフで余分な部分を除去してから、型から抜く。
  9. ハサミでさらに余分な部分を除去し、お好みの長さに調整する。
  10. 指を挿してみて、指皮の内側を微調整。
  11. 腹側にセーム皮を貼り付けて完成。

写真.完成品(一緒に写っているのは愛用品のペリカンM300)

_20100124

|

« ちょっと気分転換 | トップページ | ハマったかも »