« 6月に向けてGO! | トップページ | こんなの見つけました。 »

2007年5月 8日 (火)

特殊技能

GWはまるまる9日間取って、転職して1年が経った感慨に浸りつつ、家族で墓参したり、ゆっくり読書したり、謡の稽古したりで過ごしました。

GW最終日には、指皮を作成し掛けて、まだ途中なんですが、今使っているものより良いのが出来そうな予感で、今から出来上がりが楽しみですが、これはまた後日報告できればと思ってます。

それにしてもよくよく考えてみると、囃子のことはいろんな特殊技能の集まりのようなところがある。例えば、大鼓では以下のような感じ。
・謡・唱歌の拍子当りがわかる(ここが全ての始まりかも)
・拍子盤と張扇を使ってのアシライができる(同上とも言えるけど)
・道具を組める(いわゆる”革締め”。手順が判ればそんな大変なもんじゃないけど)
・指皮作れる(作ってみると誰でもできそうなことだけど)
・炭火を管理できる(昔は”特殊技能”ではなかっただろうけど)
・着物が着れる(当たり前だけどとりあえず書いてみた)

でもまぁ、システム屋も、プログラミング言語が判るだけでなく、プログラム設計(又はクラス設計)のこととか環境のこととかDBのこととか知ってないとまともに勤まらないようなところあるから、そんなものなのかもしれない。

|

« 6月に向けてGO! | トップページ | こんなの見つけました。 »